抜け毛と抗がん剤

抜け毛治療

抜け毛と抗がん剤

抜け毛を起こすものは、内面的な要因ではホルモンバランスの乱れやメンタル的なもの、外的要因では不適切なヘアケアや紫外線による日焼けなどが挙げられます。それ以外の抜け毛の要因として、抗がん剤による影響もあります。抗がん剤を投与した人が必ず抜け毛になるわけではありません。ですが薬の種類によっては、抜け毛になりやすいものもありますので、事前に医師から説明を受けておくことで、精神的な苦痛が少なくなるかもしれません。

抗がん剤の投与から2~3週間後に、抜け毛が起き始めるようです。副作用に抜け毛の可能性がある治療を開始する前に、幾つか準備しておきたいことがあります。長髪の人は、ショートヘアにしてみてはどうでしょう。同じ抜け毛でも、長い髪が抜けたのでは、沢山抜けたように感じてしまいます。。抜け毛が始まって頭髪が薄くなることが気になるようでしたら、帽子やバンダナなどで頭を覆ってしまう方法もあります。それでも気になるようでしたら、カツラを用意しておくことも良いでしょう。

抗がん剤の副作用によって抜け毛が起きる人をサポートする専門店もあります。抗がん剤の投与が始まる前に、そういった専門店を訪れてみるものいいかもしれません。