皮膚科での抜け毛治療

抜け毛治療

皮膚科での抜け毛治療

抜け毛が原因で起きる、円形脱毛症や男性型脱毛症などは、皮膚科で治療することで、症状が改善します。円形脱毛症が重症になった場合、頭のほとんどの髪が抜けてしまったり、眉毛までなくなってしまうことがあります。円形脱毛症で抜け毛の症状が軽度の時には、塩化カルプロニウムやステロイド剤などの外用薬が用いられ、内服薬としてグリチロン、セファランチンなどが処方されます。症状が重度になってくると、ステロイド剤や自己免疫の関与が考えられるために免疫抑制剤を服用します。

男性型脱毛症は男性ホルモンに過敏になるために、抜け毛が起きます。額や頭の後ろが薄くなるのが特徴です。男性型脱毛症を改善するには、男性ホルモンを抑制するフィナステリドという薬を服用します。この薬は男性型脱毛症だけに処方される薬です。

女性の頭髪が、ところどころに抜け広がっていくタイプの抜け毛には、プラセンタを服用したり、注射などで治療を行います。女性の抜け毛の場合には、甲状腺が正常に機能していない場合や膠原病など、成長ホルモン不足と同じ状態に陥っていることも考えられます。抜け毛が急に多くなったように感じたら、健康状態に変化はないか、医療機関を受診することも必要かもしれません。