抜け毛を引き起こす物質

特有の抜け毛

抜け毛を引き起こす物質

男性型脱毛症が原因で起こる抜け毛の場合、年々悪化する特徴がありますので、そのまま放置しておきますと、数年先には大変状態になっているかもしれません。男性型脱毛症では、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質によって、抜け毛を招いています。

毛根の毛包の皮脂腺にある5αリダクターゼという酵素は、男性ホルモンのテストステロンが多量に分泌されることより、抜け毛を招くジヒドロテストステロンへと変化します。毛根がジヒドロテストステロンによってダメージを受けることによって、抜け毛になるのです。抜け毛を防ぐためには、テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう5αリダクターゼの働きを抑制する必要があります。

医療機関などの診察を受けると、5αリダクターゼを抑えて、男性型脱毛症の抜け毛を治療するフィナステリドという薬を処方してもらうことが出来ます。また日常の食生活の中では、牡蠣や麦に含まれる亜鉛を摂るように心掛けたいものです。亜鉛は5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるので、抜け毛に悩む人は是非摂取して欲しいものです。それ以外にも、抜け毛を抑える効果があるものとして、ノコギリヤシがありますので、サプリメントなどを服用してみてはいかがでしょうか。