抜け毛と妊娠・出産の関係

特有の抜け毛

抜け毛と妊娠・出産の関係


女性の場合、妊娠・出産の時期に抜け毛が気になる人が多いようです。特に出産後に、抜け毛で悩む人が増えます。これは、抜け毛と女性ホルモンの関係が影響しているためにおこるのです。

妊娠すると女性ホルモンの働きが活発になるために、抜け毛になるまでの期間が長くなります。ですが出産が間近になると、女性ホルモンの働きが元の状態に戻ります。すると髪の生育サイクルも正常になりますので、抜け毛が増えたように感じるのです。

出産後、髪の生育が止まった状態になりますので、しばらくの間は抜け毛に起こりません。産後約3~6ヵ月後経つと髪が抜け始め、抜け毛は増えたように感じるのです。この時期は睡眠不足や育児疲れなどもあって、頭皮の状態も良いものとは言えないでしょう。育児ストレスとも重なり、抜け毛が起こりやすい環境になります。

このような環境で起きる分娩後脱毛症は、妊娠・出産を経験した人の多くに見られる症状なので、抜け毛が増えたからと言って心配はありません。この時期の抜け毛は、妊娠・出産の課程でホルモンの分泌の変化によって起こる一過性のものです。その後ホルモンのバランスが落ち着いてくるにしたがって、抜け毛のトラブルも解消されてくるものです。