プロペシヤ錠剤で抜け毛治療

特有の抜け毛

プロペシヤ錠剤で抜け毛治療

抜け毛治療薬として、これまでは外用薬のアップ(有効成分ミノキシジル)がありました。この薬の利用し方は、頭に散布してマッサージを行うと言ったものでした。近頃ではもっと手軽に服用するだけでよい抜け毛治療薬、プロペシア(有効成分フィナステリド)が出てきました。この薬は前立腺がんや前立腺肥大の治療を目的に作られた薬でした。ところが活発な発毛作用が副作用として現れたことから、抜け毛や薄毛の治療薬として使われるようになりました。

プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)による抜け毛の治療に使われています。世界60ヶ国以上で使われているプロペシアですが、抜け毛の治療薬として、確実な効果が得られています。リアップは一般的な薬局なので手に入るのとは違って、プロペシアは医師の指示がないと使用することが出来ない、医療用医薬品です。

プロペシアを服用する場合、抜け毛の症状を医師が診断して用量は判断されます。一般的には成人男性に1日1錠ですが、最大で1日に5錠まで服用できるようです。プロペシアの効果は、抜け毛を減少させて今生えている髪を長く保たせるところにあります。増毛、発毛効果よりも、抜け毛を予防して髪を丈夫に育毛することによって、薄毛を改善していくようです。